様々なマッサージの種類と効果

皆さんはマッサージという言葉を聞くと、どんなものを思い浮かべるでしょうか。世界中にはたくさんのマッサージの種類があり、愛用者がとても多く存在しています。どんなものがあるのかを紹介してみたいと思います。

【オイルマッサージ】オイルを使ったマッサージの方法で、それ程強い刺激はありませんがとてもリラックスできて筋肉がほぐれます。

【指圧】字の通り、指でツボを押して疲れを和らげるマッサージです。ツボは身体のあらゆる部分とリンクしていて、痛ければ痛い程悪かったり疲労していたりします。

【整体】人は骨格や関節がズレたり歪んでいたりすると、疲れが溜まったり怪我や病気をしやすくなります。そういったズレや歪みを、人間の手や身体を使って矯正し、正しい本来の姿に戻すのが整体です。

【ロミロミ】ハワイに古くからある伝統的なマッサージ方法でハワイ語で、揉む、マッサージするという意味です。腕、肘、手の平を使って全身をオイルで刺激することによって筋肉が伸び、血液循環促進の効果があります。

【タイ古式マッサージ】タイに古くから伝わるマッサージで、施術者の身体全体を使って行うのでストレッチ要素が強くなっています。足へのマッサージに重点を置いていて、全身の血液やリンパの流れ、自律神経の働きを正常化させるので基礎代謝のアップが期待できます。

この様に世界中の色んな種類のマッサージが日本にいても受ける事が出来ます。日頃の疲れやストレスをマッサージで癒す、というのも素敵なものなのではないでしょうか。

脇フェチの魅力

釈迦ことゴータマ・シッタールダは母親の脇から生まれたという伝説があります。

これは紀元前から脇に出産に関連する女性としての象徴と男性との関連を連想させない処女性、清楚さの象徴を併せ持つと考えられていたひとつの証拠です。

脇にそのような魅力、あるいは魔力を秘めていると感じること自体、古代から常識的にあったようです。

また、多くの女性が脇を脱毛、香水等により処理をしていることから、元の状態を見られることは恥ずかしいが、見られること自体を前提にしている部分でもあるのです。

プール、海水浴場に限らず、夏場等袖のない服を着用している方の脇を見る機会は少なからずあるでしょう。

が、服を着ていなくても、腕に隠れ常に見えている場所でもありません。そういう膝上等と同様の見られても構わないが、中々見れないいわゆる絶対領域のひとつが脇なのです。

とは言え、そのような心理学的な側面を考慮しなくても、ふとした時に覗く脇が滑らかで無臭だったとしたらどうでしょう。

本来そこは毛も生え、汗の溜まる部分ではあるのです。

そういう部分でさえ美しい様に魅了されるのは普通のことです。

そして、一方で脇は敏感な部分でもあるのです。触る側が滑らかな手触りを感じる一方、触られてもくすぐったさを感じる部分です。

心理学的には美しさが汚れる過程にエロスを感じるそうです。

彫刻的な美しさを装っている部分が汗等生物としての代謝で崩れて行く様は、やはり特別な魅力を秘めていると言えます。その過程で相手を傷付ける必要もありません。

そういった点が脇フェチの魅力です。


名古屋市中村区大門と言えば、こじんまりしてはいますが古くからソープランド街が栄えています。また名古屋で出稼ぎ風俗が人気な理由もわかる気がします。

名古屋も含めた東海エリアでソープランドと言えば、多くの人が岐阜の金津園へ流れてしまうため、その名が今一つ浸透していませんが、知る人ぞ知る名店が実は多いのです。

名古屋から岐阜まで足を延ばすのは大変、近場で良いソープランドへ行きたいと思う時は、名古屋人は大門のソープランドを利用します。

名古屋駅から、車で10分程度と交通の便があまり良くはないのですが、料金的にリーズナブルでサービスは金津園の高級店にも引けを取らないお店が多いのです。

地下鉄中村日赤駅からも、アクセスできます。

ソープランド街にしては、呼び込みがきついわけでもなく、立っている各店のスタッフも、強引にお客を取ろうとはしないので、歩きやすい所です。

お店も実際に前を通り過ぎてみて、あるいは受付の様子を探ってみて、サービスを受けるかどうか判断したいと思うものです。

私の知る限り、この街のソープランドはぼったくりは一店もありません。

コンパニオンも若い女の子が多く、写真を見たり好みの女の子をスタッフに伝えたり、受けたいサービスを伝えれば、それに見合った女の子を紹介してくれます。

さすが風俗の街名古屋です。